2013年4月1日月曜日

【RC】ビッグタイヤ+デフロック!マッドブル制作記。[その2]

[その1]の続きです。


続いて、足回り。これまたシンプルです。ギアケースは2分割。これを併せるだけの簡単な構造です。メンテナンスしやすそうでGOOD


一応、フルベアしております。


説明書通りにポチポチ組み立てていきますが、今回は砂漠での教訓を生かし、デフロックします。というのも、このマシン、とある特徴があるので、デフロックすると面白い遊びが出来るそうです。


デフ!


ロック!(ティッシュ。)

最初は定番の粘土にしようと思ったのですが、アレって入れると戻しづらいという話なので、ティッシュにしました。


足回り組み立てました。シャーシとの接続部がミソ。これがデフロックの理由です。(詳細は後述)


サスも組みました。


ダンパーに付属のピローボールに換装したら、稼働域がよくなりました。

※サスの向きを通常にすると接触してしまうので反転させました。


メカ搭載。


受信機とアンプも。


センター出し完了。


タイヤ付けます。デカい。


シャーシ完成。かなりもっさりとした印象ですが、


ボディをつけるとなかなかじゃないですか?


レッドブル!マッドブル!


デフロックの訳。それはちょっとしたクローリングが楽しめちゃうという事。


リアがローリングリジット形式なので、通常上下にしか可動しないところ、ひねり可動もするので相当遊べます。

ほんと、凄い楽しいですw

あと、見ての通り、シャフトが丸々カバーされているので、砂とかの侵入もあんまり気にしなくていいみたいです。素晴らしい!


(しばらく遊んでたらティッシュが圧縮されて、若干デフっちゃいました。また詰めなおします。)