自己紹介

自分の写真

RC、ミニ四駆をはじめとするデスクトップレーシングとか変わった楽器とかロードバイクとかをこよなく愛しています。
イラストを描いたりデザインをしたりも。
デザイン案件のご依頼はtwitter:@IKEZWORKSまでどうぞ。

2012年6月18日月曜日

【RC】究極の部屋ラジコン?Mini-z litで遊ぶ。

ちっちゃいよ!

洛西モデル様で特価となっていましたMini-z litが届いたので遊んでみました。

はたして究極の部屋ラジコンとなりえるのか。


なんか凄いオシャレパッケージ。


珍しく控えめなKyosho。


プロポ付きのRTRモデルです。


裏パッケージもえらくオシャレ。


ちなみに、使う電池は全て単三。 びっくりの14本。


パッケージは横から開きます。何か書いてありますね。


ああもう。いちいちオシャレ。


いいですねこういうのwカップルでミニッツw


セット内容は普通のmini-zと変わりません。



右が今回付いてきたプロポ。左が普通のミニッツについてきたヤツです。質感的には左のほうがコンパクトで使いやすい・・・・。



本体はやっぱりKyoshoクオリティ。小さくても。。。。


結構しっかりしています。


単三電池14本のうち、6本はこの専用バッテリーに使います。



裏にバッテリーはセットする感じです。


で、これがディスプレー型充電器。単三電池6本で充電します。


横にブっさしますw案外ワイルド。


充電の最中はボタン(か画像みたいな街灯に換える事も出来ます)が光ります。タイマー式で15分。


充電の最中にアンテナの組み付け。


なぜこれを普通のミニッツでもやらなかったのかwループ型なのでボディから出ません。


【比較1】通常のミニッツとの比較。


全てにおいて大きさに一回り違いがあります。




【比較2】ミニ四駆との比較。


やっぱり一回りの違いがあります。大体ミニ四駆と通常のMini-zが似た大きさですし・・・。


大体全体的にはこんな感じ。極めて小さいですw


【比較3】走行性能。


この狭い空間で8の字です。究極の部屋ラジコンにふさわしいかもです。ただ、カーペットを噛んでるのかやたらとバウンドします。



通常のミニッツはおっかなくてフルスロットルは無理でした。

結論:Mini-z litは究極の部屋ラジコンになりえます。が、ちょっとプロポが大きくなっちゃったり、充電にわざわざ重い単三電池が必要だったりと携帯感はイマイチ。どうせなら単三もACもいける感じにしてくれれば良かったのに。あとはちょっとパーツつけないと物足りないかもしれませんね・・・。

しかし十二分楽しめました!流石Kyosho!